幅の広い依頼を受け付けてくれる!特殊清掃の特徴

高い清掃能力だけではなく幅の広い依頼ができる特殊清掃

特殊清掃とは

特殊清掃とは、壁や床など室内の汚れが著しいために、一般的な清掃よりも手間がかかる清掃のことです。洗浄能力が高い洗剤や、消臭効果がある薬品を使って清掃を行います。孤独死の増加に伴って、特殊清掃に対する関心が高まっています。

幅の広い依頼を受け付けてくれる!特殊清掃の特徴

スポンジ

サービス内容

特殊清掃を行う業者は、さまざまな仕事を受け付けています。家財道具を搬出したり、汚れがひどい壁紙や畳を撤去したりする仕事も行っています。また、ハエなどが発生する場合もありますから、害虫駆除も請け負っています。さらに、床に浸透した液状の汚れは、強力な洗剤を使用して落とします。なかなか悪臭が抜けない部屋は、消臭剤の効果が出るまで時間をかけます。尚、特殊清掃とともに、遺品整理も引き受けていますので、依頼は多いです。

費用と時間の目安

特殊清掃に必要な費用と時間は、部屋の広さや作業人数によって異なります。また、部屋の汚れ具合や悪臭の強さに応じて、作業にかかる料金が変動します。そのために、あらかじめ専門の業者に見積もりを申し込むことが大切です。見積もりは無料ですから、気軽に問い合わせてみましょう。トイレと浴室がついているワンルームなら、特殊清掃だけで5万円から7万円ほどかかるケースが一般的です。遺品整理も依頼する時は、さらに5万円ほどかかります。尚、完全に悪臭を消すために、二日ほど時間を費やすことがあります。

特殊清掃業者は資格が必要

特殊清掃の仕事を行う場合には、事件現場特殊清掃士の資格が必要になります。特殊清掃に必要な知識と技能を学ぶのです。そのため、もし依頼をするのなら、きちんと資格を所持しているのかをチェックしておきましょう。資格を持っている方に頼めば、悪臭漂う部屋もすっきり見違えるようになるので、助かります。

特殊清掃業者を利用した人の声

特殊清掃業の方の作業に関心した

以前住んでいた家の近所の方が孤独死されたことがありました。死後数日が経過しており、後処理に特殊清掃員の方が来ていました。特殊清掃には感染症に罹患するリスクもあるので専門的な知識が必要なようです。プロは、ご遺体の整理の他に遺品整理や片づけも非常に手際よくされていました。

害獣を一掃してくれた特殊清掃

特殊清掃を引き受けてくれる業者は、全国に数多くにいるんですよね。依頼した業者は支店がいくつかありました。要予約であったため、依頼日の約一週間前に予約を行いました。今回は物置でネズミが大量に発生しており、忌避剤の散布と糞の後片付けを依頼しました。物置内はとても汚れていて、まず掃除機でゴミや糞を片付けてもらいました。作業中は数種類の脱臭剤を用いて、嫌な臭いを除去していましたね。同時に、ネズミが嫌う竹のエキスが入った薬を散布してもらいました。作業時間は約二時間で、不衛生な空間を改めることに成功。

特殊清掃業者を依頼したら綺麗になった

知り合いがアパートを貸していてそこで高齢の方が亡くなりました。アパートの整理や遺品の処分などで困っていた所、特殊清掃を依頼していました。そして清掃後の部屋を知り合いと見に行った所、どうなることかと思っていた部屋も綺麗に片づけられていました。特殊清掃をお願いして良かったです。

辛い時だからこそ…

私が特殊清掃を頼んだのは父親が1人で暮らしていた実家の清掃でした。父親が亡くなったのは突然の事で、心の整理だけでなく、保険から新聞までたくさんの事がどっと押し寄せました。一通り終わった後は、疲れ切ってしまって、ほとんど何も手につきませんでした。父親が長年一人で住んでいた家はたくさんの物であふれかえっていました。そのたくさんの物というのも、どれも深い思い出は無くとも、見覚えのあるものばかり。父の息遣いを感じて片付けるのは厳しいとすぐに思い、清掃をお願いしました。すべて任せてしまうのは寂しくもありましたが、自分では絶対に片付けられなかったと思います。思い切って頼んで良かったです。

本当に助かりました

管理しているアパートで店子さんが亡くなり、特殊清掃のお世話になりました。正直しみや匂いが酷く、多少ましになればいいかなと思っての依頼でしたが、本当にきれいに原状回復していただき、感謝しています。

広告募集中